定期健康診断 ペットのための大事な習慣

近年、ワンちゃん・ネコちゃんの生活環境の改善、医療技術の進歩、飼い主の意識の向上などにより、平均寿命も年々伸びているため、高齢性疾患は増加する方向にあります。

ワンちゃん・ネコちゃんの死亡原因の主なものは、事故死以外に悪性腫瘍、心臓病、腎不全、肝不全があげられます。 

これらは先天的なものと後天的なものがありますが、後天的なものとして栄養素バランス異常、高カロリー食過剰摂取、いわゆる太りすぎなどが引き金となっていることが多く見られます。

ワンちゃん・ネコちゃんは自分で健康を管理し、食事を取ることは出来ません。
愛するペットをこれらの病気からを守るには毎日注意深く観察・チェックをすることが重要となります。

しかし、内部から徐々に進行する病気は、単純に外見では判断できないものも多くあります。 
したがって、病気の早期発見・治療をするためには糞便検査・尿検査・血液検査・心電図・レントゲン検査・超音波検査が非常に有効です。

●健康診断には、気になるところを選ぶことができるコースがご用意してあります。

尿検査
タンパク、糖、結晶、白血球、赤血球の存在や、比重などを測定します。腎疾患、尿路疾患、内分泌疾患の診断に役立つだけでなく、全身状態を知る上でも大切な検査。
糞便検査
糞便検査も尿検査同様健康状態を知る上で重要なものです。特にペットは人と比べても多くの寄生虫が見られるので、公衆衛生上も大変重要です。この検査では、虫卵、原虫、各種細菌、潜血反応、消化試験、膵臓外分泌機能などを検査します。
血液検査
ペットから少量の血液を採り、その成分を検査することによって、健康状態のおおよそを推察することが出来ます。 また、現在の臓器の状態、病気の進行具合、今後の治療方法の選択などにも大きな方向性が示せます。赤血球数、白血球数、ヘモグロビン濃度、総蛋白、血糖値、尿素窒素(BUN)、AST、ALTなど状態に合わせて検査します。
腫瘍マーカー 
各種腫瘍マーカーを測定することにより、癌の早期発見に役立ちます。
細胞診
しこりに細い針をさし、少量の細胞をとり、染色処理などをおこないガンかどうかを調べる検査。ほとんど痛みを感じずにおこなえるガン診断に欠かせない検査です。
アレルギー検査
動物にも、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状が増えています。
アレルギーの原因を血液検査で解明します。
ホルモン検査
動物にも様々な内分泌疾患があります。脱毛が見られたり、飲水量が増えたり、異常に太る・痩せるなどの症状が見られたらホルモン検査を受けた方がいいかもしれません。
心電図検査 ・ 心音図検査 ・ ホルター心電図検査
心電図とは、心臓の動きを電気的に捉え、その記録をとったものです。正常な場合は一定の波形を示し、異常があるときには波形や間隔が乱れます。主には心疾患の診断に用いれらますが、呼吸器疾患、内分泌疾患、神経疾患などでもおこなうことがあります。
レントゲン検査
レントゲン検査は、骨の異常を調べるのみならず、胸部や腹部の内蔵およびその周辺の病巣を映し出すことにより、外観からは分からない病気の多くを調べることが出来ます。
また、人同様、心血管造影、尿路造影、バリウムによる消化管造影も可能ですから、より細かな検査を行えます。
内視鏡検査 
レントゲン検査ではわかりにくく、組織生検が必要な消化管腫瘍、アレルギー性炎症性疾患の診断に威力を発揮。また開腹手術をしないで、胃内異物を摘出できることもあります。
心エコー検査 ・ 腹部エコー検査
心臓のエコー検査レントゲン検査では判断しにくい各臓器の内部構造の把握(癌、心弁閉鎖不全、肝硬変など)、レントゲンでは危険な妊婦胎児診断などに超音波断層検査(エコー)を行います。 
CT・MRI検査
人と同様、動物でもCT・MRI検査を実施できます。
造影剤を使用して腫瘍の発見に威力を発揮します。

●健康診断により早期に病気が発見されれば、早期に治療が開始できます。

場合によっては死亡率の高い病気でも治癒させることも出来るのです。 
早めに治療できれば費用も治療期間も少なく済みます。 
あなたのワンちゃん・ネコちゃんを健康で長生きさせるには、年1度の定期健康診断(1日犬猫ドック)を行いましょう。

           詳しくは当院まで

メールマガジン しっぽ通信

Copyright (C) 2016 Igusa animal Clinic. All Rights Reserved.