エキゾチックアニマル
ウサギの乳腺癌

中年から老年期のメスのウサギにみられる。
肺に転移しやすいため、早期の手術が勧められます。
他の臓器に転移する前に手術で摘出できれば完治します。
グルーミングの時などにしこりに気づかれることが多く、日頃からブラッシングと同時に体をよく触ってチェックしておくことが重要でしょう。
しこり=悪性ではないため、細胞診検査をおこないましょう。

症例

乳腺が腫れてきたため来院

身体検査 乳腺腫瘍
血液検査 特に異常なし
レントゲン検査 転移所見なし
超音波検査 特に異常なし
治療 片側乳腺摘出術
病理検査 乳腺癌
経過 今のところ転移所見は認められていないが、定期的な検査で転移・再発をチェックしています。

術前の乳腺マス

術後の患部の状態
ウサギの子宮腺癌

おしっこに血が混じるようになって気づくことが多い。その他の症状はあまりないことが多く、元気も食欲もあって本当に癌になっているのかと思われるかもしれません。
逆に元気が無くなってきている場合は、すでに転移がおこっており、手術することも、助けることも難しくなります。

症例

尿に血が混じるため来院

身体検査 特に異常なし
血液検査 軽度の貧血
レントゲン検査 下腹部にマス(子宮の疑い)、肺に転移像は認められない
腹部超音波検査 子宮のマス
診断 子宮腫瘍(子宮腺癌の疑い)
治療 卵巣・子宮摘出術をおこない、摘出した子宮の腫瘍を病理組織検査に出したところ子宮腺癌と診断されました。定期的にレントゲン検査および血液検査をおこない、再発・転移は認められていません。

手術中の所見

摘出した卵巣と子宮腺癌

フェレットの副腎疾患

フェレットの3大疾患の1つ(他2つはリンパ腫、インスリノーマ)
尾、腰、体、頭などに脱毛がみられ、徐々に時間をかけて最終的にはほぼ全身が脱毛する。
脱毛ばかりが目につくのだが、肝酵素の上昇などがみられる全身疾患であるため治療が必要。
またオスでは前立腺肥大も見られ、それにより排尿困難になることが多い。

症例

体の毛が脱毛してきたため来院

身体検査 胸から腹部、尾まで脱毛
血液検査 肝酵素の軽度の上昇
レントゲン検査 特に異常なし
腹部超音波検査 左側の副腎の腫大
治療 副腎の摘出術により、発毛がみられ完治

メールマガジン しっぽ通信

Copyright (C) 2016 Igusa animal Clinic. All Rights Reserved.