診療案内

ペットはしゃべることができません。
しかし一緒に生活しているとペットの云いたいことがだいたいわかってくるものです。
「どうもお腹が痛いようだ」
「いつもなら出迎えにきてくれるのに今日は違った」
「なんか訴えるように擦り寄ってくる」
これらの「ペットの言葉」は病院の診察台の上では聞くことはできません。

信頼し心を許しているあなただからこそペットは話しかけるのですし、あなただからこそ聞くことができるのです。
そんな「ペットの言葉」をお話くださると、診療に非常に役立つものです。

そういった飼い主の方からの重要な情報を基にして、視診、触診、聴診などの身体検査に始まり、血液検査などの様々な検査法を用いてペットの病気を見つけ出してゆきます。

飼い主の方と獣医師が協力してペットを治してゆくと言ってもいいかもしれません。あなたのペットが元気になるようにいっしょに頑張ってゆきましょう!

住所 〒167-0021 東京都杉並区井草1丁目31-16
TEL 03-3397-7115 (夜間は急患のみ対応。時間外費用が加算 )
FAX 03-3397-7135
E-mail hospital@igusa-animal.com
診療時間
平日・土曜日 午前9:00~12:00 午後4:00~7:00
日曜・祭日 午前9:00~12:00 午後3:00~6:00
 
曜日 祭日
午前
午後 3~6 3~6
診療動物 犬、猫、うさぎ、フェレット、小鳥、ハムスターなどの小動物
トリミング 予約制
ペットホテル 予約制
駐車場 4台 (さらに指定コインパーキングなら無料で利用できますのでスタッフまでお尋ねください)

診療科目

ウエルネスケア科 ・狂犬病予防注射、混合ワクチンなどのワクチンプログラム
・内部寄生虫・外部寄生虫コントロール
子犬しつけトレーニング
・パピーパーティ                
・ワンコインレッスン(犬同士のコミュニケーションプログラム)
・フード指導
・歯磨き指導・教室
健康診断(ドッグドック・キャットドック)
・老齢動物看護
一般外科 ・避妊手術・去勢手術から消化器外科、腫瘍外科まで
・エキゾチックアニマルの外科手術
・クリーンで設備の整った手術室を完備
・大学専門医による難易度の高い手術も可能
・24時間の完全看護により重症な疾患にも対応
整形外科 ・膝蓋骨脱臼、股関節形成不全、椎間板ヘルニア、前十字靱帯断裂など
・クリーンで設備の整った手術室を完備
・大学整形外科専門医による執刀
・24時間の完全看護により重症な疾患にも対応
・術後のリハビリテーション・看護
脳神経科 ・突発性てんかん、症候性てんかん
・小型犬、特にチワワなどに多い水頭症、キアリ奇形
・パグやマルチーズにみられる壊死性脳炎
・コーギーやG.シェパードの変性性脊椎症
・髄膜腫などの脳腫瘍
・MRI・CT(外部委託)による検査
・大学専門医による手術対応
ペインクリニック科 ・慢性関節疾患、脊椎疾患などの鎮痛
・術前・術後の疼痛管理により快適な手術の実現
・術後の24時間鎮痛管理
循環器科 ・心電図、胸部レントゲン検査、心エコー検査
・組織ドプラなどによる心機能検査
・BNPなどのホルモン検査
・酸素、湿度、温度を自動調節するICUユニット
・24時間心電図監視による完全看護
・CRI(自動微量点滴装置)による強心剤・血管拡張剤投与
泌尿器・腎臓科 ・尿検査、レントゲン検査、超音波検査、尿路造影検査、
・血圧検査(猫の高血圧の早期発見が可能)
・腎臓・尿道・膀胱結石、猫泌尿器症候群
・腎不全の早期発見・予防
・慢性腎不全の長期治療
消化器科  ・バリウム造影、胃・十二指腸内視鏡検査、大腸内視鏡検査
・胃・十二指腸・小腸・肝臓・膵臓の超音波検査
・PLIなどの各種膵臓検査
腫瘍科  ・レントゲン、超音波、MRI、CTのよる画像診断
・腫瘍マーカー
・抗癌剤治療
・緩和療法
・放射線治療(大学との連携治療)
・各種サプリメント
皮膚・内分泌科 ・スクラッチ検査、真菌培養、パンチ生検
・甲状腺ホルモン(T4, fT4, TSH, TgAA)
・副腎皮質ホルモン(ACTH刺激、コルチゾ―ル)
・インスリン
・各種ホルモン検査
眼科 ・スリットランプ検査、涙量測定検査、眼圧測定、フローレス検査、眼底検査
・白内障・緑内障などの特殊手術は専門病院を紹介
歯科 ・歯石除去(スケーリング・ポリッシング)
・歯磨き指導・教室
・歯科レントゲン検査
産科 ・自然分娩指導
・産前検査、エコーによる胎児検査
・助産および難産の夜間対応(事前診察必要)
・帝王切開
・産後の母子ケア
エキゾチックアニマル ・うさぎ、フェレット、ハムスター、モルモットのウエルネス指導
・うさぎ、フェレット、ハムスター、モルモットなどの内科治療および外科手術
・うさぎの毛球症、不正咬合、子宮腺癌、アブセスなど
・フェレットの副腎疾患、インスリノ―マ、リンパ種

メールマガジン しっぽ通信

Copyright (C) 2016 Igusa animal Clinic. All Rights Reserved.