いぐさ動物病院求人サイト

10のワークスタイルいぐさ動物病院

このページでは、まだ若手の獣医師、動物看護師、トリマー達が
どんなふうに働いているかをお伝えします

獣医師

8:30

出社

宿直から引き継ぎをして担当医の指示のもと入院動物の検査・治療を行います。

9:00

診療開始

犬・猫・うさぎ・フェレット・小鳥などいろいろ来院します。 当院は担当医制で、1つの病気は同じ獣医師が最後まで責任を持って診察します。
逐次、状態を院長に報告しなければなりません。

12:00

お昼の休憩

事務所が別棟にありリビングで食事。
畳の部屋で横になることも可能です。
(男女別)

13:00

検査・手術・カンファレンス

この日はレントゲン検査、腹部・心臓エコーと手術が入っていました。手術班と検査班に分かれてVTと協力して仕事します。
当院では軟性内視鏡(消化管)、硬性内視鏡(膀胱、鼻腔、耳道)検査も行っています。手術は、術者、助手、麻酔士の3名が基本ですが、難易度の高い手術では、さらに外回りの人数が必要になります。
検査室と手術室が別なためクリーンな環境で手術が行えます。手術室は土足厳禁ですから気をつけてください。

16:00

午後診察開始。

猫には、cat friendlyな対応が求められます。獣医師とVTが1名ずつでペアになり診察治療を行います。
MRの急患が来ました。今日は忙しくなりそうです。

19:00

診察終了

入院動物は1日2回身体検査等のチェックを行い治療の評価をします。必要に応じて検査を行い、治療の修正をします。
診療した子のカルテを整理し、その場では書ききれなかったことを記入します。獣医師ももちろん清掃を手伝います。
その後、恐怖の(?)院長とマンツーマンでの症例報告&検討を行います。
治りが悪い症例、複雑な症例は皆でカンファレンスを行い、その子に合ったより良い治療方針を検討します。
宿直者以外は退社。

動物看護師

8:30

出社

入院動物の散歩・看護・治療補助。ウンチおしっこの後始末までキチンとします。
動物の状態、食べた食事量、ウンチ・オシッコの状態を記録し、異常があれば担当医に報告します。

9:00

診療開始

検査、治療補助、薬処方などやることは沢山あります。忙しくてもオーナー様に分かり易く的確に説明しなければなりません。


12:00

お昼の休憩

事務所が別棟にありリビングで食事。
畳の部屋で横になることも可能です。
(男女別)

13:00

検査・手術・飼主サポートプログラム

当院ではVTが中心となりしつけ教室、ハミガキ教室などを開催しています。
女性のきめ細やかな心配りと明るい笑顔でオーナー様をサポートします。
経験を積んだVTは手術助手、麻酔士もおこないます。凝固系検査、クロスマッチも覚えてください。



16:00

午後診察開始

外来対応、検査、薬分包などテキパキと仕事をこなします。
もちろん入院動物の定時チェック、看護・治療も同時進行で行います。


19:00

診察終了。

みんなで清掃して、明日の準備が終われば、宿直担当以外は退社します。
お疲れ様でした。

19:30

この日は、ワンコインレッスンでドッグトレーナーの先生が来ましたので、担当VTがお手伝い。
オーナー様と仲良くなります。


トリマー

8:30

出社

トリマーも入院動物の散歩も行いますが、9時に来られる方のトリミングの準備も分担して行います。


9:00

トリミング開始

1人3頭は行いましょう。


12:00

お昼の休憩(1時間)

トリミングルームの横に休憩室があります。

13:00

午後のトリミング

手際よくテキパキと。

トリミングに来てくれた子の写真を撮ります。


19:00

トリミング終了

皆んなで清掃します。
エアコンやドライヤーの掃除、使用したハサミやバリカンなどの消毒を行います。明日の準備をして退社です。
お疲れ様でした。


宿直

当番の獣医師は8:30、看護士は11:30に出社します。 看護士には早番、遅番があります。
当院では、動物も人と同じ様に夜間も宿直が看護や治療を行うことをとても大切なpolicyの1つと考えています。
当たり前な事をきっちりと行える人材を、当院では求めています。
休憩や仮眠をはさみながら入院動物の定時チェック・看護・治療にあたります。 近くのマンションの部屋を宿直用に用意していますが、重症の子が入院している場合は病院内で宿泊します。 急変等があれば、直ちに担当獣医師あるいは院長に報告・相談します。また、必要ならオーナー様に連絡しなければなりません。

獣医師

翌8:30

宿直終了

翌日の担当に引き継ぎ、タイムカードを機械に読取らせて退社します。

動物看護師

翌8:30

宿直終了

夜中の入院室の適温を翌日の担当に引く継ぐことも、看護の仕事です。タイムカードを機械に読取らせて退社します。



Copyright (C) 2015 Igusa animal Clinic. All Rights Reserved.